即日融資を受ける

本当に即日融資を受けられるのか

 

カードローンは申し込んだその日のうちに融資してもらうことができます!

 

教える女性

 

急にお金が必要。でもどこからも借りられない。というときにはとても便利なサービスですね。消費者金融だけでなく銀行のカードローンでも即日融資をうたっているものがあるくらい融資までのスピードが速くなっています。しかし誰でにもいつでも即日融資というわけではありません。申し込み条件やポイントなど抑えておきたいことがありますのでいくつかご紹介したいと思います。

 

 

申し込み方法

 

カードローンを申し込むには次のような方法があります。

  • インターネット(PC、モバイル)
  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • 電話
  • 郵送    等々

時間に余裕があるときは自分に合った方法で申し込めばいいのですが即日融資となるとどの方法でも良いとはいきません。申し込みからカードが発行されるまでの時間が短いのは直接店頭へ行って手続きする方法です。早いところでは最短30分でカード発行してもらうことができます。申し込みをインターネットから事前にしておくことで審査結果がでてから足を運べばいいので店頭で審査が出るまで待つ必要がなくなります。せっかく店頭まで行ったのに審査に落ちてしまったということも避けられます。

 

 

できる限り早めに申し込む

 

鳩時計

その日のうちに融資を受けたいのなら申し込みは可能な限り早い時間にしましょう。できれば午前中までに済ませておくと良いでしょう。審査では申告された勤務先にちゃんと勤めているかを電話で確認を行います。そのため会社が休日で確認がとれないと即日融資は難しくなってしまいますので注意が必要です。

 

 

必要書類を忘れずに

 

カードローンを利用する際には書類を提出します。即日融資のためには早急に書類を用意して提出しなければなりません。提出を求められるのは次のようなものです。

 

【本人確認書類】

  • 免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

このうちひとつを用意します。必ず有効期限内であることを確認し、記載された住所が現住所と違う場合は現住所を証明できる公共料金の領収書などもあわせて用意しします。

 

【収入証明書】
借入額や他社への借入額によっては収入を証明できる書類の提出を求められる場合があります。まとまった金額を借りたいひとや他社への借り入れがあるひとは次の書類のなかからひとつ用意しておくと良いですね。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書、賞与明細書

 

免許証と源泉徴収票があればだいたいのカードローンは問題ありません。

 

 

即日融資OKなカードローンか?

 

どんなにポイントを抑えたとしても申し込んだカードローンが即日融資に対応していなかったら全くの無意味ですね。ホームページを見たり直接問い合わせてでもいいので即日融資可能かどうかを確認しておきましょう。

 

即日融資をうたっているカードローンを一部ご紹介しますので参考にしてください。

 

消費者金融

即日融資のポイント

プロミス 自動契約機や三井住友銀行ローン契約機で手続きをするとその場でカード発行されすぐに利用可能。ネットから事前申し込みで店頭での待ち時間を短縮できる。
モビット ネットから申し込み後フリーダイヤルへ電話すると急ぎの融資に対応してくれる。カードをローン申込機で受け取れなくても午後2時50分までに振り込み手続きを完了すれば当日振込OK。
アコム 事前にネットから申し込み自動契約機むじんくんで契約&カード受取りが一番早い。ネット契約は平日午後2時までに融資の申し込み手続きを完了すればその日のうちに振り込みしてもらえる。

 

銀行

即日融資のポイント

三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック

三菱東京UFJ銀行のATMコーナーなどにあるテレビ窓口からの申し込みなら最短40分でカード発行。※要免許証持参 ネットから事前申し込みをすれば審査結果連絡が来てからテレビ窓口でカード受取りできて便利。

新生銀行カードローン
レイク

自動契約機で手続きするとその場でカード発行されすぐに利用可能。ネットからの事前申し込み→自動契約機でカード受取りが便利。ネットで申し込みから契約までして振り込みによる融資も可能。
みずほ銀行カードローン みずほ銀行の口座を持っていれば即日融資可能。利用限度額200万円以下ならインターネットで申し込みから契約まできる。

じぶん銀行カードローン
じぶんローン

じぶん銀行に円普通預金口座を持っていることが即日融資の条件。カードは後日郵送なので振り込みによる借り入れとなる。