カードローン 審査 通る

カードローンの審査に通るためにできること

 

カードローンを利用するまでは次のような流れが一般的です。(順番は前後します)

 

申し込み → 書類の提出 → 審査 → 審査結果の通知 → 契約内容の確認 → 契約 → ローンカード発行

 

このなかでも心配なのが審査ですね。

 

  • 絶対審査を受けないといけないの?
  • わたしでも審査に通るかな?
  • 審査でどんなことを見られる?
  • そもそも審査ってなんのためにする?
  • 誰が審査するの?
  • 審査に落ちたらどうしよう?

 

いろんな不安があると思います。審査に通るためにも、少しでも不安を取り除けるよう簡単に解説していきたいと思います。

 

下さし女性

 

 

カードローン会社は返してくれるひとに貸したい

 

まずカードローンを利用するためには誰でも必ず審査を受けなければなりません。審査に落ちてしまったら残念ですがその会社からはお金を借りることができません。

 

なぜ審査をする必要があるのでしょうか?それは貸したお金を返してもらえないと困るからです。お金を貸す側のカードローン会社は返済してもらえば利益が生まれますが、もしも返してもらえないなんてことになると損失が出てしまいます。貸す相手がちゃんと返済するひとか返済する能力がどのくらいあるのかを審査で判断しているのです。

 

 

審査で見られるのは経済力と人柄

 

申込書に記入する項目は全部書くのが面倒だと感じてしまうひともいるくらいたくさんあります。どの項目も審査に必要なものですがなかでも収入や勤務先、勤続年数、雇用形態などは経済力を見るための重要な要素です。収入は多いほど勤務先は大企業、勤続年数は長く、正規雇用のほうが有利とされています。

 

もうひとつ見られるポイントとしてはそのひとの人柄です。人柄といっても明るいとか優しいとかそういったものではなく、あくまできちんと返済するひとかどうかということです。カードローンの審査では個人の信用情報を信用情報機関へ問い合わせします。個人信用情報にはそれまでのクレジットカードや各種ローンなどの利用実績や返済状況などが登録されていますので、延滞を繰りかえすようなことがあった場合はすぐに知られてしまいます。また他社への借入残高も分かってしまいますので本当は借り入れがあるのに0円と申告するようなことは意味がありません。

 

 

審査をするのはカードローン会社と保証会社

 

消費者金融ならその会社の審査担当が審査を行います。もちろんコンピューターを駆使しながら最終的にはひとの手によってジャッジされます。
銀行の場合は銀行の審査の他に保証会社の審査もあります。保証会社というのは返済が滞ったときに代わりに返済する会社で以降の返済は保証会社から請求されることになります。銀行のカードローンは申し込み条件に「保証会社の保証を受けられる方」と書いてあるのはこのことなのです。

 

 

もしも審査に落ちてしまったら

 

カードローンの審査はそれぞれで独自に行われていて基準(合格ライン)が違います。一般的に銀行は厳しめで消費者金融は甘めといわれていますが一概にも言い切れません。

 

1社落ちてしまったからといってすべてのカードローンの審査に落ちるということではありませんので、他の会社に申し込んでみたら通るということも十分あり得ます

 

ただし既に返済能力を超えた借金があったり、過去に債務整理をした記録が残っていたりすると難しいです。今の経済状況を改善することを第一に考えることをおすすめします。

 

 

あなたにできる審査対策を

 

上がるグラフ

 

審査に落ちてしまう原因は千差万別でひとつではありません。あなたに思い当たる節があればまずはその原因を取り除いたうえで申し込みをすると審査に通る確率を上げることができます。

 

例えば

  • 無職なら仕事に就く、派遣会社に登録をする
  • 収入を上げる
  • 最低でも勤続1年が経つまで申し込みを先送りする
  • 信用情報の事故情報(債務整理など)が消えるのを待つ

 

また手当たり次第に申し込まない、申し込みの際の申告内容に間違いがないように気を付ける、日頃から各種支払いに遅れないようにするといったことも大切です。