家族に内緒でお金を借りる

家族に内緒でお金を借りるときに知っておくべきこと

 

ヒミツの女性

 

カードローンでお金を借りていることを家族に知られたくないということもありますよね。でも申し込みをすると自宅に電話連絡がきたり書類が届いたりしては家族に内緒にできません。ここでは家族に内緒でお金を借りる際に知っておいて良かったことをご紹介したいと思います。

 

とはいえ、家族に秘密を作ることは決していいことではないのでおすすめはできません。事情があって内緒にしなければならない場合でも早めに完済してトラブルになることだけは避けてくださいね。

 

 

自宅へ届く郵送物について

 

封筒

郵送されてくるものの代表例は『ローンカード』と『利用明細書』です。
ローンカードはATMから借り入れや返済をするときに使うカードで申し込みをして契約すると発行されます。(契約書類と一緒に送られてきたりして順番が前後することもあります)
消費者金融は利用者にお知らせしなければならない情報が法律で決められているので利用明細書でその内容を通知しています。銀行の場合はそいうった決まりがないので利用明細を発行しないものも多くあります。

 

自宅へ届く郵送物の差出人は「〇〇センター」「△△銀行」などとカードローンの利用がバレにくいように書かれていますが封を開けれればすぐに分かってしまいます。できれば郵送以外の方法で受け取りたいですね。

 

カードローン会社側もこういった利用者の要望に応えていろいろな対応をしています。
ローンカードについては店頭窓口や自動契約機で受け取ることで自宅への郵送を避けられます。また銀行のキャッシュカードを一体になったものやローンカード自体が発行されないカードローンもあります。
利用明細は郵送に替えてWEB上で照会するサービスが用意されています。こういったサービスに切り替えることで利用明細書の郵送を止めることができます。

 

 

口座への振込みや引き落としに注意

 

記帳して

お持ちの口座へ振込んでもらって借り入れをしたり、返済を口座引き落としにしていると口座の取引履歴に残ります。家族が通帳を管理しているような方は記帳した際に取引履歴を見てカードローンの利用が知られてしまう可能性があります。こういった場合には口座を介さずATMや店頭窓口から借り入れ返済をしたほうがいいですね。

 

 

自宅の固定電話へかかってくる?!

 

申し込み内容の確認や審査結果の連絡など電話がかかってくることもありえます。自宅の固定電話は家族の誰がでることになるか分かりませんので気を付けなければなりません。カードローン会社が電話をかけるときは個人名や銀行名でかけてきますが心配なときは固定電の番号をカードローン会社へ教えない、または自宅への電話連絡は絶対NGと伝えておくと良いと思います。

 

 

他にもあった!家族にバレる理由

 

家族に知られてしまうきっかけは他にもあります。ローンカードの置き忘れ、ATMで発行された明細をポケットに入れっぱなしにしておいた、返済期限に遅れて督促ハガキが届いた、携帯の発着信履歴を見られた・・簡単な例を挙げただけでもたくさんあります。

 

身近なひとに秘密を隠し通すというのは精神的にも疲れます。何度も言うようですが自分のためにもなるべく借金を作らないのがベストですね。